2016年8月22日 (月)

ASBJ 中期運営方針等を公表

企業会計基準委員会(ASBJ)は、8月12日に「中期運営方針」及び「現在開発中の会計基準に関する今後の計画」の改訂を公表しました。 中期運営方針については、国際会計基準の適用会社(予定を含む)が140社を超える状況の中で、日本基準を高品質で国際的に整合性のとれたものとして維持・向上を図ること及び国際...

» 続きを読む

2016年8月15日 (月)

連結決算実務における現状と課題③

3.連結決算業務における課題 前回の記事でも取り上げましたが、連結決算業務における人材面での主要な課題の1つに「子会社とのコミュニケーションがうまく図れないスタッフが多い」というものがありました。また、外部専門家やアウトソーシング(外注)を活用したい業務についての質問に対して、半数以上の企業が「子会...

» 続きを読む

2016年8月 8日 (月)

連結決算実務における現状と課題②

2.連結決算担当者の人数とスキル 連結決算担当者の人員数やスキルは十分か?という質問に対する調査結果は、以下のような状況となっています。 人員数  多い…4%  ちょうどよい…52%  足りない…44% スキル   十分である…14%  ちょうどよい…39%  不十分である…46% 前回の記事で、約...

» 続きを読む

2016年8月 2日 (火)

ASBJ 改正「修正国際基準(JMIS)」を公表

企業会計基準委員会(ASBJ)は、7月25日に改正「修正国際基準(JMIS)」公表しました。今回の改正にあたり、2013年中に国際会計基準審議会(IASB)より公表された会計基準等のエンドースメント手続が行われており、IFRS第9号「金融商品」(2013年公表分)やIAS第19号の修正「確定給付制度...

» 続きを読む

2016年8月 1日 (月)

連結決算実務における現状と課題①

一般社団法人日本CFO協会が「連結決算実務における現状と課題」に関する調査結果を公表しています。この調査は、上場企業等の財務部門の幹部を対象に行われ、約300社から回答が寄せられたとのことです。 連結決算体制の整備については、開示制度が連結中心になった頃や内部統制報告制度の導入が決まった頃にはトピッ...

» 続きを読む

2016年7月25日 (月)

移転価格税制に係る文書化制度の改正⑤

今回は、まず国別報告事項(CbCレポート)の概要について確認していきましょう。 提供義務者となるのは、どの法人か? 特定多国籍企業グループの構成会社等が内国法人または国内に恒久的施設(PE)を有する外国法人であるケースとして、以下の5つが考えられます。(PEとは、国内にPEを有する外国法人を指します...

» 続きを読む

2016年7月19日 (火)

移転価格税制に係る文書化制度の改正④

今回と次回に分けて、具体的にどのような情報を提供することが求められるのかを確認していくことにしましょう。今回は、最終親会社等届出事項と事業概況報告事項(マスターファイル)です。 提供義務者となるのは、どの法人か? 特定多国籍企業グループの構成会社等が内国法人または国内に恒久的施設(PE)を有する外国...

» 続きを読む

«移転価格税制に係る文章化制度の改正③