« セミナーのご案内 | トップページ | ASBJ 連結財務諸表における在外子会社等の会計処理に関する取扱いを改正 »

2018年9月14日 (金)

国際会計基準 のれんの償却処理検討へ

9月14日の日本経済新聞朝刊によると、国際会計基準審議会(IASB)のハンス・フーガーホースト議長は、のれんの会計処理に関する議論を始める意向を表明したそうです。

議事の概要は

・国際会計基準(IFRS)では、のれんの償却は求められない一方で、減損処理の検討が必要。

・しかし、減損処理に関する企業の判断は「楽観的」で「遅すぎる」傾向があるため、再検討が必要との認識。

・2021年にも結論を出す予定。

IFRSの「のれん」の会計処理については、現状の方法にも一定の支持がありますが、日本は償却処理の義務付けを主張してきたという経緯があります。今回のお話は、「日本が国際会計基準を動かす」事例になる可能性があり、注目されます。

それにしても、日経の1面にでかでかと書かれていたので、最初は何事かと思いました…(苦笑)

« セミナーのご案内 | トップページ | ASBJ 連結財務諸表における在外子会社等の会計処理に関する取扱いを改正 »

IFRS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504488/74207483

この記事へのトラックバック一覧です: 国際会計基準 のれんの償却処理検討へ:

« セミナーのご案内 | トップページ | ASBJ 連結財務諸表における在外子会社等の会計処理に関する取扱いを改正 »